exbound_logo

エクスバウンドLLC

 

EX-boundとは

私たちのキーワードは"Experience(エクスペリエンス)"、"EX"なインバウンド、そして"Expert(エキスパート)。"これらのキーワードが"Ex-bound"という社名にこめられています。

Experience

"Experience(経験)"は、製品、サービス、レジャーといった私たちの生活を取り巻く製品、サービスを「経験」という形で社会に伝えて行きたいという考えを表しています。

"EX"なインバウンドを目指して

「インバウンド」は一般的に訪日外国人向けの観光業を指しますが、私たちのインバウンドは"EX"なInboundを意味しています。Inboundの"In"持つ「入ってくる」という意味を超えて、積極的に外"EX"に向かい、日本人として日本の魅力を積極的に海外の訪日客に伝えることの出来る存在になりたいと考えを表しています。

境界なきExpertとして

Ex-boundには"bound(境界)"を越えていくという意味も込められています。国、文化、産業を超えて事業を創造していきます。境界なきエキスパートとして高い専門性を持ち、課題解決に取り組んでいきます。

エクスバウンドの事業領域

エクスバウンドの事業領域は主に、エクスペリエンスメディア事業、インバウンド関連事業です。それら二つが重なり合う形で事業を展開していきます。

exbound_domain

エクスペリエンスメディア事業

新時代のWEBメディアとして

エクスペリエンスとは「経験」を意味してます。2000年以降の急速なインターネット、SNSの普及に伴い、消費者の情報収集スタイルは大きく変わりました。その陰では、過去より正確、かつ魅力的な価値のある情報を発信し続けてきた多くの紙媒体がその姿を消していきました。ウェブサイトやSNSで簡単に自分の欲しい情報を手にいれられる世の中ですが、その情報価値の低下が問題となっています。「価値のある情報」を伝えられるメディアとして新しい時代のWEBメディアを構築していきます。

experience_meddia image_fishing

訪日客の「コト消費」と「エクスペリエンス」

インバウンドではこれからは「コト消費」の時代であるとよく言われていますが、「価値ある情報」を発信する当社こそがまさしく「コト」、つまりエクスペリエンスを訪日外国人に伝えることの出来る存在なのです。エキスパートとして情報を発信していきます。

インバウンド事業

観光ニーズの多様化を支える存在として

私たちの「美しい日本」。世界的に見ても世界トップクラスの魅力を持つ観光地と言えるでしょう。しかし、日本の魅力は京都や東京を中心とする有名観光都市だけにあるのではありません。まだまだ我々日本人にとっては気づかないような魅力にあふれているのです。訪日観光客も団体旅行から個人旅行にシフトする現在、その観光ニーズも多様化しています。その中で日本の各地域の皆様と共に新しい観光事業を創出していきたいと考えています。インバウンド事業で地方を活性化する、それも当社の一つの目標です。

image_inbound asakusa

価値ある情報発信を確かな形で

当社のインバウンドでの主な事業は日本旅行情報の海外への発信です。各国のインターネット環境や言語環境が異なる中、ターゲットとする地域に情報を確実に伝えていくことは簡単ではありません。中国を例に挙げれば厳しい情報規制の中、海外発(中国外からの)のWEBサイトやSNSで現地ユーザー向けに情報を発信することは非常に困難です。当社は、それら各国の事情を理解した上で、対応策を講じ、確実な情報発信を実現します。価値の高い観光情報を、確実に届けて行きます。そして、当社は海外現地企業とのタイアップを重要視しています。現地ユーザーに情報を正しく伝えるためには、有力な現地企業との協業が不可欠です。各国への理解、言語への理解、そして海外企業とのタイアップを強みとして、観光事業を支えて行きます。